/

この記事は会員限定です

ドラえもんの心をつくるには

[有料会員限定]

慶応大学大学院2年の大澤正彦さんは小学生の時に持った夢、「ドラえもんをつくる!」の実現に向かって研究を続けています。大学4年の頃に「何ができたらドラえもんなのか?」という定義付けを考え、たどり着いたのが「感情と記憶」です。ところが、工学分野での感情の研究は大澤さんにとっては納得のいくものではありませんでした。

そんな時に「自分の感情や心を認識する能力は、他人の感情や心を読み取る力を、自...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り193文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン