「就職氷河期世代」 スキル手に再出発
45歳未満向け介護・IT関連めざし長期職業訓練

2017/6/26付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

1990年代半ばに学校を卒業した「就職氷河期世代」は今や40代。同世代のうち、就職先に恵まれず職業能力を身につける機会がなかった45歳未満の離職者に向け、国は今年度から、2年間の長期職業訓練システムを始める。一部で実質的に先行して始まっている受講生の事例や、訓練を受け入れる専門学校の声から制度の有効性を探った。

「派遣社員や契約社員として携帯電話を売ってきたが、正社員になる道はないことがわかり昨…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]