/

この記事は会員限定です

「歌うギリシャ神話」 彌勒忠史氏

複雑な構造を解きほぐす

[有料会員限定]

イタリアに留学しバロック音楽を中心に学んだ、国内屈指のカウンターテナー歌手による新刊のテーマは、声楽ではなく「ギリシャ神話」。「古典音楽を歌ったり聴いたりする際、神話やキリスト教に関する知識があるともっと楽しめる。それなのに難解だという理由で敬遠されるのが惜しいと感じていた」と語る。

NHKのイタリア語講座のテキストにコラムを連載していたが、複雑な神話の構造がくっきりと浮かび上がる構成が好評で、本...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り682文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン