近畿経産局、中小製造業進出へ ベトナム人「仲介役」養成

2017/6/23付
情報元
日本経済新聞 地域経済
保存
共有
その他

近畿経済産業局は中小製造業のベトナム進出を後押しするため、7月から現地企業との橋渡し役となるベトナム人コーディネーターなどを育成する。同国では金型や精密加工、めっき、熱処理の4業種の人材が不足している。これらの業種に進出を呼びかけ、3年間で数件の進出を目指す。

ベトナムの大学や行政機関職員から10人程度を選び、9月に日本で研修。10月以降、現地企業訪問を重ね、中小製造業が進出した際に取引先となる…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]