2017年11月22日(水)

産総研、電磁波遮蔽する塗料 ナノチューブ活用

2017/6/22付
情報元
日本経済新聞 地域経済
保存
共有
その他

 産業技術総合研究所(茨城県つくば市)は軽くて強いなどの特徴を持つ高機能炭素材料「カーボンナノチューブ(CNT)」を使い、電磁波を遮蔽する水性塗料を開発した。スプレー法など様々な塗布方法に対応でき、複雑な形状の基材にも塗れる。自動車用ワイヤハーネス(組み電線)やロボットなどで実用化をめざす。企業から提供を受けた基材に塗り、サンプルとして提供する。

 電磁波を浴びると周辺の電子機器が誤作動を起こしやす…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ

関連キーワードで検索

CNT産業技術総合研究所



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報