/

この記事は会員限定です

待機児童解消できるか(下)恵まれない家庭 重点支援

社会情緒的な能力を改善 山口慎太郎・マクマスター大学准教授

[有料会員限定]

待機児童数は3年連続で増加し、2017年度末までに解消するとした目標は達成されない見込みだ。主な原因は、女性の社会進出で保育所の需要が増え続ける一方、保育所の整備が十分に進んでいないことにある。厚生労働省が発表した新プランは18年度からの3年で約22万人分の受け皿を整備するとしたが、これには大きな財政支出が伴う。巨額の財政赤字を抱える中、待機児童解消のために大きな支出をすべきなのかといった疑問も...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2760文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン