/

この記事は会員限定です

足でホルン操る 独の奏者が来日

[有料会員限定]

生まれつき両腕がなく、足で楽器を吹く若手ドイツ人ホルン奏者、フェリックス・クリーザー=写真=が初来日した。13日に東京都内で開いたミニコンサートでは、日本人ピアニスト、津田裕也とともにベートーベン「ホルン・ソナタヘ長調」などを演奏。本来右手をベルの中に入れて音色や音量を調節するが、口の形や角度を微調整することで柔らかく...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り162文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン