奨学金制度改革、世界基準で
日本の「所得連動型」、不十分 S・アームストロング豪国立大学豪日総合研究所所長 B・チャップマン豪国立大学教授

2017/6/20付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

大学教育を希望する人に進学の可能性を提供すること、そしてその授業料が負担できる範囲であること、この2つは先進国共通の課題であり、日本も例外ではない。米国をはじめとする多くの国が、現実に改革の必要性に迫られている。進学のしづらさに加えて費用負担も難しくなり、大学卒業後も奨学金の返済に苦労している人が多い。

この問題を解決するため、高等教育を経済的に支える制度として「所得連動型ローン(ICL)」がオ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]