2018年11月14日(水)

原子力機構で被曝事故
プルトニウム管理に疑問

2017/6/17付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

茨城県大洗町の日本原子力研究開発機構大洗研究開発センターで作業員5人が放射性物質によって被曝(ひばく)する事故があった。

プルトニウムを含む放射性物質を入れた保管容器を開けた際に容器内のビニール袋が膨らみ破裂した。当初作業員の1人が大量のプルトニウムを吸い込んだ恐れがあるとされた。詳しい検査で測定の誤りとわかり、5人とも内部被曝の懸念は残しつつ、すでに医療施設を退院した。仮に健康被害は心配された…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報