日本企業 株主還元の課題 成長段階に応じ柔軟に
配当の大幅な変動避けよ 伊藤友則・一橋大学教授

2017/6/19付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

日本企業の配当や自社株買いなどの株主還元が増えている。図は東証株価指数(TOPIX)採用企業の株主還元の推移を示している。自社株買いこそ2016年度は若干減少したものの、配当は7年連続で増加し、当期利益の約半分が株主還元に充てられている。「株主価値に関心がない」「現金を無駄にためこんでいる」と批判された日本企業も、ようやく真剣に株主に報いようとしている。

株主還元が増えていること自体は歓迎すべき…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]