/

この記事は会員限定です

お守り型キーホルダー(大阪大)

単位掘り起こし、堅苦しさ払拭

[有料会員限定]

大阪大学は昨年11月、お守り型のキーホルダー「単位スコップ」を発売した。学生が「地面に埋まっているほど単位が取りにくい」とぼやく授業の厳しさを、大学側が逆手に取って商品化。堅苦しいイメージを払拭する狙いがあり、学生たちに人気だ。

キーホルダーは金属製。「単位」と書かれた小さな札が、大学のロゴが入った赤いスコップに磁石でくっついている。強力な「ネオジウム磁石」を使っており簡単には落ちない仕組みだが...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り457文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません