/

この記事は会員限定です

製作費抑えた小型衛星

千葉大、素材改良で軽量化

[有料会員限定]

千葉大学は12日、軽量で高精度の小型衛星を開発したと発表した。アンテナの素材を改良し、軽量化に成功した。製作費は従来より100億円以上抑えられるため、複数の衛星を同時に飛ばすことで、広い範囲を即時に観測できる。災害状況の把握や海上遭難者の捜索に活用する。新たな小型衛星は2020年に打ち上げる予定だ。

千葉大環境リモートセンシング研究センターのヨサファット教授らの研究チームが開発した。従来はアルミ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り292文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン