相続で協議不要の財産は? 死亡保険金は受取人の「固有」に

2017/6/10付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

相続で遺言が残っていない場合、遺産を誰がどれだけ受け取るかは、法定相続人みんなが話し合って決めることになります。遺産分割協議といいます。しかし、中には協議を経ずに受け取ることのできる財産もあります。この辺りの知識が曖昧だと遺族間でもめ事になりかねないので、整理しておきましょう。

財産は原則として、その人が亡くなった時点で、法定相続人みんなによる「共有財産」となります。「共有の状態を解消し、各人に…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]