/

この記事は会員限定です

退職 1日違いで「差」

年金資格・失業手当に影響

[有料会員限定]

社会保険制度の中には「日付」が保険料や給付額に影響するものがいくつかある。会社員なら退職日に要注意。年金保険料が未納になったり、失業手当(基本手当)の給付額が変わったりする場合がある。医療保険制度でも入院時期によって負担額が変わることがある。仕組みを知って上手に使いたい。

1カ月分が未納に

東京都内に住む会社員の女性Aさん(34)は昨年1月30日付で前の会社を退職した。31日が日曜日だったためで、新会社で2月1日か...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1138文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン