2018年12月17日(月)

睡眠の質高める指南書相次ぐ 多忙な現代人の悩みにニーズ

2017/6/10付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

睡眠方法の指南書が相次ぎ刊行されている。不眠症の患者向けではなく、寝られても疲れが取れない人向けなのが特徴。いずれの本も睡眠の量より質に注目している。

『スタンフォード式 最高の睡眠』(サンマーク出版)の著者は、米スタンフォード大睡眠生体リズム研究所長の西野精治氏。編集担当の梅田直希氏が「30年の研究成果が詰まっている」と話すように、各種の睡眠データに基づき眠り方を紹介している。

カギは「90分…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報