/

この記事は会員限定です

市民の憩いの場に変身

廃線がつなぐ(4) 寂れた飲食店街にも新風

[有料会員限定]

東京急行電鉄は2004年、東横線の横浜―桜木町(約1.8キロ)を廃止した。横浜市の第三セクターが経営する地下鉄「みなとみらい線」と相互直通運転を始めたためだ。高島町、桜木町両駅が廃止され、中華街などハマの人気観光地を結んだ。

廃線区間と並走するJR根岸線に乗ると、車窓から線路跡を眺めることができる。横浜市は廃線跡地を東急から買い取り、市民が散歩やジョギングを楽しめる緑豊かな遊歩道に整備する計画だ。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り825文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン