世界の胃袋拡大、増える養殖

2017/6/8付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

人口増加や新興国経済の伸長などを背景にして「世界の胃袋」は拡大している。世界の天然物の漁獲量は2010年代に入ってから9000万トン前後で推移し、需要の伸びに対応できていない。天然物の水産物に頼り続けると水産資源が枯渇する懸念もあり、養殖の供給量が増加している。

国連食糧農業機関(FAO)によると、2015年の世界全体の養殖生産量は1億601万トン。5年前と比べて4割増えた。背景には新興国の需要…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]