/

この記事は会員限定です

完全養殖、魚種広がる

日水、マダコ20年に出荷へ/マルハニチロ、カンパチの新施設

[有料会員限定]

天然資源に頼らない完全養殖の裾野が広がっている。日本水産は2020年にも完全養殖したマダコの出荷を目指す。マルハニチロもカンパチの完全養殖の事業化に向けた取り組みを始める。世界的に水産物の需要が高まるなか、養殖の生産量は伸びており、各社は安定供給できる体制の構築を急ぐ。

日本水産はこのほど、大分県佐伯市の研究センターで完全養殖マダコのふ化に成功した。人工授精から育てた親が産んだ卵で、約14万匹のふ化を確認。今後は生育...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り456文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン