/

この記事は会員限定です

サイバー防衛、師はイスラエル

日本、五輪控え連携/AIなど高度技術

[有料会員限定]

世界を揺るがした5月12日の大規模サイバー攻撃。あらゆるモノがネットにつながるIoT時代のもろさが浮き彫りになった。東京五輪を控え日本が標的となる可能性が高まるなか、防衛力強化に日本政府が頼るのがイスラエルだ。人工知能(AI)など「戦場」で磨かれた高度な防御技術に期待が集まる。

情報戦の伝統

世耕弘成経産相は5月上旬、エルサレムを訪れ、イスラエル政府とサイバー防衛での連携強化で合意した。サイバー連携での閣僚レベ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り997文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン