/

この記事は会員限定です

メルケル氏、計算ずくの「脱米国宣言」

欧州結束・国内選挙も意識

[有料会員限定]

ドイツのメルケル首相の口から飛び出した「脱米国宣言」が波紋を呼んでいる。イタリア南部で開いた主要国首脳会議(G7サミット)を終えた翌5月28日、ミュンヘンでの演説で「ほかの国を頼れる時代は終わった。欧州は自らの手で運命を切り開くべきだ」と強調。トランプ米政権への不信感をあらわにした。その真意はどこにあったのか。

発端はトランプ氏だった。「ドイツ(との貿易関係)は非常に悪い」。G7サミットに先立つ2...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1299文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン