/

この記事は会員限定です

『勉強の哲学』(千葉雅也著)

「同調圧力」 時代の突破口に

[有料会員限定]

気鋭の哲学者、千葉雅也が書いた勉強論『勉強の哲学』が売れている。フランスの現代思想などを論旨の背景に、今の時代に学びを深める意義と方法論を掘り下げて記述。ハウツー本と一線を画す深い内容を平易な文章で記したことで10代から40代までの幅広い層の支持を受け、4月上旬の発売からの累計発行部数は5刷5万2千部に達した。

私たちは周囲から浮かないよう他者と同調する圧力に「なんとなく」支配されて生きる。本書...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り587文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン