/

この記事は会員限定です

動くかトランプ税制(中) 法人税15%、試練の道

財源確保、海外資金が焦点

[有料会員限定]

「主要国で最も高い法人税率を低税率国並みに下げる」。トランプ大統領は選挙戦で、連邦法人税率を35%から15%に下げると公約して番狂わせの勝利につなげた。3%の経済成長の実現には長年放置された企業税制の見直しが欠かせず、「法人税の国境調整」や海外資金の還流税制など見逃せない論点がある。

2兆ドル超が滞留

「数兆ドルの海外滞留資金には一回のみ課税する」。4月下旬、ムニューシン財務長官らが発表した税制改革の基本方針には、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1184文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン