/

この記事は会員限定です

選挙区はどうあるべきか(上)抜本改正 事前に時期設定

幅広くより均質的に再編 清水唯一朗・慶応義塾大学教授

[有料会員限定]

選挙区は一体誰のものか。衆議院小選挙区の「1票の格差」を縮減する区割り改定案が今国会で成立の見込みだ。改正の範囲は19都道府県97選挙区と実に全選挙区の3分の1に及び、現行の小選挙区制度導入以来最大規模となる。

それだけに国会審議を前に様々な反応が噴き出した。長年培った地盤から切り離される議員、生活圏の異なる地域に組み込まれる有権者、複雑な区割りのために複数の選挙区事務をこなさねばならない自治体も...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2847文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン