/

この記事は会員限定です

データで読む商品 鶏肉生産量が昨年度最高

健康・国産志向が追い風

[有料会員限定]

2016年度の国内の鶏肉生産量が過去最高を更新した。健康・国産志向の高まりで高タンパク・低脂肪の鶏肉需要が伸びている。伝染病で豚の生産が減り、需要が一部シフトした要因もある。市場では今後も増勢が続くとの声が目立つ。

農畜産業振興機構(東京・港)によると、16年度の鶏肉生産量は154万9000トンと前年度比1%増えた。6年連続で増加し、10年間の伸び率は13%に達した。総務省の家計調査によると16...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り736文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン