/

この記事は会員限定です

無断SNSは著作権侵害に

[有料会員限定]

SNS時代ならではの問題として浮上しているのが作品の著作権の扱いだ。

日本国内では著作権は原則として作者の死後50年が保護期間とされている。写真撮影は著作物の複製に当たる。ただ、保護期間内でも著作権者が許諾するか、私的利用に限れば撮影は認められる。保護期間が終わっていれば撮影は基本的には問題ないが、施設管理のため美術館が制限することがある。

写真の撮影と、その後にネットに掲載することは別の扱いに...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り292文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません