/

この記事は会員限定です

公文書廃棄相次ぐ

「1年未満」が抜け穴に

[有料会員限定]

森友学園(大阪市)への国有地売却や陸上自衛隊の南スーダン国連平和維持活動(PKO)派遣をめぐり、重要な行政文書が短期間で破棄されていたことがわかり問題になっている。いずれも文書の保存期間は、法律上の定義があいまいな「1年未満」に指定されていた。「公文書管理法に抜け穴がある」として、法改正を求める声が広がっている。

公文書管理法は「行政機関における経緯も含めた意思決定過程や事務事業の実績を合理的に跡...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1157文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン