/

この記事は会員限定です

ロコパートナーズ、宿泊予約で中国に子会社

訪日事業拡大へ

[有料会員限定]

宿泊予約事業を手がけるロコパートナーズ(東京・港、篠塚孝哉社長)は7月にも、中国に子会社を設立する。9億人が利用する通話アプリ「微信(ウィーチャット)」などで販促を進め、訪日事業を拡大する。同社の宿泊予約サイトの訪日会員11万人のうち中国は1割に満たないが、2020年に50%に引き上げることを目標にしている。

上海市に「上海路克伴諮詢」(仮称)を設立す...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り178文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン