2018年6月25日(月)

お笑い芸人の言語学 吉村誠著 生活ことばを駆使する現代

2017/5/27付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

 お笑いタレントの話が面白いのはなぜか。シンプルな主題に元テレビマンの著者が挑む。彼らが繰り出す「ことば」に焦点を当て、主戦場の放送番組でどのように表現が変遷したかをたどりながら特質を解き明かす。

 結論は明快だ。暮らしのなかで家族や友人と話す「生活ことば」を駆使して笑いの起点にしている、とみる。例えばツッコミで「何をしているの」とかしこまった標準語で語るより「何やってんだ、この野郎」とした方が共感…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報