/

この記事は会員限定です

教育予算を考える(上)「質」の確保へ国家戦略を

無償化 人件費偏重避けよ 中室牧子・慶応義塾大学准教授

[有料会員限定]

教育国債やこども保険など、教育財源を巡る議論が活発になっている。経済協力開発機構(OECD)によると、2010~13年の平均で、日本の初等から高等教育への支出の国内総生産(GDP)比は4.5%と、OECD平均の5.2%を下回っている。支出とは、国による公的な財政支出と家計の支出の合計で、日本では家計の割合(28%)がOECD平均(16%)よりも大きく、家計で教育費の負担感が大きいことは想像に難くな...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2781文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン