/

この記事は会員限定です

教育政策 データで読む(上)「無償化」ひとり歩き

こども保険、負担に偏り

[有料会員限定]

政府が授業料などの教育にかかる経費をタダにする教育無償化に向けた具体策の検討に入った。財源として年金などの保険料に上乗せして徴収する「こども保険」制度を設ける案などが挙がっている。6月にまとめる経済財政運営の基本方針(骨太の方針)も人材投資が柱となる。経済政策として、教育をどう位置づければいいのか。さまざまなデータから考える。

▼幼児教育・保育をタダにするのにかかる費用は約1.2兆円、大学までだと4兆~5兆円...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り995文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン