/

この記事は会員限定です

原油のイロハ(上)WTI・北海ブレント・ドバイ

燃料・素材価格決める指標

[有料会員限定]

石油輸出国機構(OPEC)総会を25日に控え、原油市場に改めて関心が集まっている。原油の価格は産油国の生産量や消費国の需要を映して激しく動く。私たちの暮らしに欠かせない原油の基本をまとめる。

原油価格は燃料や素材の価格を決める指標となる。最も多く使われるのが、主な消費地である北米、欧州、アジアの三大市場で取引する原油の価格だ。米国はWTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)、欧州は北海ブレ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り797文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン