有力ブランド二極化 「ヴィトン」「グッチ」急伸 「カルティエ」「プラダ」不振 爆買い一巡 商品力で差

2017/5/19付
情報元
日本経済新聞 朝刊
共有
保存
その他

 【ジュネーブ=原克彦、ニューヨーク=高橋里奈】有力ブランド企業の業績が二極化している。最大手、仏LVMHモエヘネシー・ルイヴィトン(LVMH)の売上高が大きく伸びる一方で、「カルティエ」などの2位リシュモン(スイス)はマイナスが続く。若い消費者のブランド離れが進み、中国人観光客の「爆買い」も一巡。需要の変化への対応力が勝敗の分かれ目となっている。

 ルイ・ヴィトンやタグ・ホイヤーなど幅広いブランド…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

《締切迫る》秋割実施中。日経電子版が10月末まで無料!

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 21日 7:01
21日 7:01
東北 21日 7:01
21日 7:01
関東 21日 7:01
21日 7:01
東京 21日 7:00
21日 7:00
信越 21日 7:00
21日 7:00
東海 21日 23:18
21日 22:52
北陸 21日 6:02
21日 6:01
関西 6:00
2:00
中国 6:00
5:59
四国 6:00
5:59
九州
沖縄
6:00
21日 22:48

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報