/

この記事は会員限定です

徳島銀、東大発VB提携

フィンテックやAI活用

[有料会員限定]

徳島銀行は17日、IT(情報技術)と金融を融合したフィンテックや人工知能(AI)の活用で東京大学発ベンチャーのMercury(東京・港)と提携したと発表した。同社とアドバイザリー契約を締結し、フィンテックやAI活用で助言を受け、共同でシステムの開発も進める。

Mercuryはビッグデータの解析やAI技術などを手掛けており、徳島県出身で東大大学院数理科学研究科の大田佳宏特任教授が社長を務める。同社が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り256文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン