札幌市、違法民泊の摘発強化 取り締まり職員を増員

2017/5/18付
情報元
日本経済新聞 地域経済
保存
共有
その他

札幌市は違法民泊の取り締まり強化に動いている。2月に「民泊サービス通報窓口」を設置。4月からは取り締まりの担当職員を増員するなど体制を強化した。

市によると、通報窓口開設後の2カ月間で騒音やごみ出しに関する苦情など56件の相談が寄せられ、このうち53件は旅館業法に基づく許可を得ていなかった。是正指導で違法な13施設の営業を中止させた。「通報窓口の開設で、具体的な建物や部屋などの情報が集まりやすく…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]