/

この記事は会員限定です

芸術の先端で 新井卓

[有料会員限定]

都心から東武東上線に揺られて1時間。埼玉県東松山市、都幾川を見下ろす岸辺に、原爆の図丸木美術館がある。同館所蔵「原爆の図」は、原爆投下に関する写真が検閲対象だった時代、画家の丸木位里・俊夫妻によって描かれた。当時、丸木夫妻は絵を背負い、全国を行脚して自ら広島の惨状を伝えたという。「原爆の図」は近年、米国、ドイツほか海外でも、その価値が再評価されようとしている。傷みの激しい絵の修復のため、募金活動...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り349文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン