/

この記事は会員限定です

テレワーク成功の条件は?

過重労働避け創造性重視 鶴光太郎・慶大教授

[有料会員限定]

政府が3月末にまとめた働き方改革実行計画の目玉が、罰則付きの時間外労働時間の上限規制の導入と、同一労働同一賃金など非正規の処遇改善であることは言うまでもない。ただ柔軟な働き方がしやすい環境整備として、場所を選ばない柔軟な働き方である「テレワーク」を取り上げたことが注目される。

テレワークは在宅勤務、移動先でのモバイルワーク、サテライトオフィス勤務などの総称だ。拙著「人材覚醒経済」でも、個々の人材...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2743文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン