/

この記事は会員限定です

投資教育家 岡本和久さん

投資で世界に笑顔を(5)

[有料会員限定]
  2012年に胃がんで胃の3分の2を摘出、16年春には重症筋無力症と診断されたが、投薬などで体調はかなり回復した。

2つの病でいろいろ学びました。人間は必ず死にます。運用の世界でいうリスクは「危険」ではなく「不確実性」のこと。その意味で死はリスクではありません。リスクとは、生きているという今の状態がいつまで続くかということ。これこそ不確実だからです。その中でできるのは、考えうる最善のことをやり...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り834文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン