新事業育成へ規制凍結 フィンテックなど 政府が試行期間

2017/5/12付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

政府は規制改革(3面きょうのことば)のスピードを上げるため、新たな手法を導入する。企業の要望を受けて省庁が関連法制を一時凍結し、全国で迅速な実証を可能にする。金融とIT(情報技術)を融合したフィンテックやシェアリングエコノミー(共有型経済)など先進的な市場が急拡大していることを踏まえ、柔軟な運用で規制に風穴をあけて企業の新事業育成を促す。

「日本版レギュラトリー・サンドボックス」(トライアル特例…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]