憲法 キーマンに聞く 解散権制約が最優先 民進憲法調査会長・枝野幸男氏

2017/5/12付
情報元
日本経済新聞 朝刊
共有
保存
その他

 民進党の枝野幸男憲法調査会長は11日、日本経済新聞のインタビューに応じ、憲法改正を巡り首相の解散権の制約が最優先項目だとの認識を示した。2020年に憲法を改正して施行するという安倍晋三首相が示した目標については「現実的ではない」と否定した。

 ――首相の表明をどう受け止めるか。

 「憲法は首相や与党第1党の党首が勝手に変えられる話ではない。放っておけばいい」

 ――首相は9条に自衛隊の存在を明記する意…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 2:00
2:00
東北 2:00
2:00
関東 2:00
2:00
東京 20日 22:00
20日 21:50
信越 2:00
20日 22:00
東海 2:00
1:31
北陸 20日 21:30
20日 21:30
関西 2:12
2:00
中国 2:00
2:00
四国 1:31
1:31
九州
沖縄
2:00
2:00

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報