2017年11月20日(月)

文氏、日韓歴史に厳しい視点 慰安婦は未解決/竹島に上陸経験/徴用工は解決済み 対日政策を検証

2017/5/11付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

 韓国大統領に文在寅(ムン・ジェイン)氏が就任したことを受け、文氏の対日政策に関する過去の発言などが注目されている。かねて文氏は従軍慰安婦や竹島(韓国名・独島)など歴史や領土問題に強硬な主張を繰り返していた一方、植民地統治下の「徴用工」に関しては解決済みの立場をとっていた。日本政府もこうした点に注目し、今後の外交戦略を練る構えだ。(1面参照

 日本政府が注視するのは、慰安婦問題に関し「最終的かつ不…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事がすべて読めます!
電子版10日間無料お試しキャンペーンは11月20日まで!

電子版トップ

関連キーワードで検索

韓国政府竹島文在寅朴槿恵盧武鉉徴用工安倍晋三韓国政府



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報