2019年7月18日(木)

日本の長時間労働を考える(5)内部で人材調整、社員に負担 一橋大学教授 小野浩

2017/5/11付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

日本の職場では職務内容が曖昧だとよく指摘されます。日本企業は内部で人材を育成・調達する内部労働市場型の組織であり、人材ニーズはできる限り内部で解決することを前提としています。社内で多くの仕事をこなせるように社員は定期的なジョブローテーションを経験します。このため特定分野のスペシャリストよりも、どんな仕事にも対応できるゼネラリストの需要が高まります。

自分の責任範囲と専門領域が曖昧で、かつ集団意識…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。