/

この記事は会員限定です

金密輸事件は過去最多

消費税逃れ、利ざや狙う

[有料会員限定]

頻発するテロや金融危機を背景に「安定資産」といわれる金は、各地で取引が活発だ。最近では金の密輸が増加しており、税関当局は警戒を強めている。

密輸事件では今年3月、約3キロの金を足の裏に貼り付けるなどして、韓国から福岡空港に無許可で輸入しようとしたとして男2人が関税法違反(無許可輸入未遂)の容疑で逮捕された。

財務省によると、昨年6月までの1年間の金密輸事件の処分件数は294件。前年同期比で1.7倍...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り363文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン