/

この記事は会員限定です

キッセイ薬品 営業益5年後23%減

新薬開発を強化 主力製品の特許切れ補う

[有料会員限定]

キッセイ薬品は9日、2022年3月期を最終年度とする中期経営計画を発表した。主力の排尿治療薬「ユリーフ」の特許切れに加えて、薬価(薬の公定価格)の引き下げ圧力も続くが、新薬の開発・市場投入を進めて将来の収益源を作る。22年3月期の連結営業利益は17年3月期比23%減の65億円以上に設定した。

同社の医薬品部門で3割の売り上げを占める「ユリーフ」は18年12月に特許が切れる。特許切れ後は価格の安い後発医薬品の参...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り337文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン