/

この記事は会員限定です

村上春樹「翻訳は外に開かれた窓」

[有料会員限定]

「優れた作家は存在するし、そうした作家がどんどん生まれていることを、僕は翻訳という行為を通じて学んだ。ものをつくる人間にとって怖いのは井の中のかわずになること。僕にとって翻訳は外に開かれた窓といえる」。作家の村上春樹は4月下旬、東京都内で開かれたトークイベント「本当の翻訳の話をしよう」で、翻訳が結果的に「文章修業」の役割を果たしてきたと語った。

自身の翻訳を振り返った「村上春樹 翻訳(ほとんど)全...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り316文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン