/

この記事は会員限定です

仏教・共産主義、正反対の両親 漫画家 小林よしのりさん

[有料会員限定]

――両親は対照的な性格だったそうですね。

「父親はマルクス主義者の郵便職員で、とにかく平等な社会の実現が理想の人でした。母親は実家が真言密教の寺で極端な現実主義者でした。共産主義が大嫌いな仏教徒ですから、父とはケンカばかりしていましたね」

――どちらの影響を強く受けましたか。

「両方あります。共産主義の理想論を語る父に対して母は『人間には常に欲がある。だから完全な平等なんてありえない』と、煩悩や...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り954文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン