/

この記事は会員限定です

芸術祭 沿線ににぎわい

市原、小湊鉄道100周年と連動 原画展が集客目玉、観光遺産掘り起こし

[有料会員限定]

千葉県市原市で3年に1度開く芸術祭「いちはらアート×ミックス2017」が小湊鉄道沿線ににぎわいをもたらしている。2回目の今回は小湊鉄道の100周年記念企画と連動し、トロッコ列車を描いた絵本作家、かこさとしさんの原画展などを開催。廃校になった小学校跡も会場に活用し、市内外から人を呼び込んでいる。

現在開催中の芸術祭は5月14日までで、同市や小湊鉄道、市原商工会議所などでつくる実行委員会が主催する。市...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り605文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン