/

この記事は会員限定です

シルバー民主主義を考える(上)「多数決」の壁乗り越えよ

給付・負担、所得・資産基準で 島澤諭・中部圏社会経済研究所 経済分析・応用チームリーダー

[有料会員限定]

公的債務の累増により、孫の世代は祖父母の世代に比べて1億円も損をするといわれるほど、日本の世代間格差は深刻さを増している。

インフレや経済成長に頼る安倍政権の経済政策「アベノミクス」だけでは世代間格差は是正できない。図は、インフレ税収などを考慮した世代会計に関する小黒一正・法政大教授との共同研究の結果を紹介したものだ。インフレ率が想定の1.5%から4%に上振れしても、将来世代の生涯純負担率は1....

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2851文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン