/

この記事は会員限定です

(ステージ展望(上))クラシック

日本人作曲家、作品を凱旋披露

[有料会員限定]

初夏から秋はクラシックやポピュラー音楽、演劇で注目公演が続く。その見どころを紹介する。

クラシックでは、海外で評価される日本人作曲家の作品を披露する公演が目立つ。欧州を拠点に活躍する細川俊夫の「フルス(河)」を6月30日、東京都交響楽団が音楽監督大野和士の指揮で日本初演。7月15、16日には、東京交響楽団と音楽監督のノットが細川の「嘆き」を演奏する。

藤倉大も今月4日に音楽祭「ボンクリ・フェス...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り568文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン