配車の中国・滴滴、6000億円調達 ソフトバンクが最多出資
IoTに布石

2017/4/29付
情報元
日本経済新聞 朝刊
共有
保存
その他

 【北京=多部田俊輔】タクシー配車とライドシェア(相乗り)サービスで中国首位の滴滴出行は28日、55億ドル(約6000億円)を資金調達すると発表した。ソフトバンクグループが最も多く出資する。滴滴はAI(人工知能)などの開発を進めて自動運転などの基盤提供をめざす。あらゆるモノがネットにつながるIoT分野に照準を定めるソフトバンクは中国に布石を打つ。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 2:00
2:00
東北 2:00
2:00
関東 12:22
2:00
東京 20日 21:50
20日 21:40
信越 2:00
20日 22:00
東海 16:13
13:30
北陸 20日 21:30
20日 21:30
関西 16:16
14:00
中国 2:00
2:00
四国 1:31
1:31
九州
沖縄
12:30
11:47

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報