/

この記事は会員限定です

〈法トーク〉知財活力向上へ役割見直す

日本弁理士会会長 渡辺敬介氏

[有料会員限定]

「知的財産を創造し、保護し、活用するサイクルの活性化に向け弁理士に何ができるのか、改めて見直すところから始めたい」。4月に就任した日本弁理士会の渡辺敬介会長はこう話す。人工知能(AI)などデジタル技術の革新が急速に進む一方、特許の国内出願件数は減少傾向にある。「知財の活力が低下している」と危機感を抱く。

弁理士の活躍の場を広げるため、企...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り171文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン